ホワイトニング

ホワイトニング食生活や加齢といったさまざまな理由で、黄ばんでくることがある歯。
よくクリーニングと勘違いされる方がいますが、クリーニングでは、歯の表面に付着している汚れを落とすだけですので、歯の内側の色素を落とすことは
できません。

黄ばみを薄くするためには、専用の薬剤を使用したホワイトニングが
効果的です。

当院では、ご自宅でじっくり行える「ホームホワイトニング」を行って
おります。

ームホワイトニング

ホワイトニングの中でも、ご自身のペースでお好みの白さにすることができるのがホームホワイトニングです。

歯科院で作製した患者さま専用のマウスピースに低濃度の薬剤を注入し、毎日数時間装着していただきます。

個人差はありますが、2週間程で効果が現れます。

審美補綴について

歯科治療を行った際、治療箇所に詰め物(インレー)やかぶせもの(クラウン)を施しますが、銀歯などは、笑ったときなど
見えてしまいます。
審美補綴では銀歯ではなくセラミック製のクラウン・インレーを使用しています。
セラミックだと天然歯に近い色を再現することができ、治療したことを気付かれにくく見た目に美しい歯にすることができます。
また、セラミックは金属を使用していませんので、金属アレルギーをお持ちの方でも安心してお使いいただけます。
ただし、セラミックは自費治療となりますので、保険適用のクラウン・インレーよりも費用が高くなっております。

美補綴の種類

審美補綴に用いる治療法の種類としては、主に以下のものがあります。

オールセラミック

金属を使用していないので、生体との相性もよく、歯茎が黒ずむことがありません。
100%セラミック製なので金属アレルギーをお持ちの方でも安心してご使用できます。

メタルボンド

歯を覆う金属のクラウンを造り、その上からセラミックを焼き付ける治療法です。
従来のプラスチックのクラウンとは異なり高密度で硬く、色素沈着が起こりにくいので変色はほとんどありません。

ラミネートベニア

歯の表面を薄く削り、セラミック製の薄いシェルを張り付ける治療法です。
形や厚さを調整して貼り付けるので天然歯と変わらない自然な仕上がりにすることができます。

セラミックインレー

虫歯を取り除いた箇所にセラミックを詰める治療法です。
前歯以外に奥歯を白く美しくしたい方、金属製の詰め物が周囲から見えるのが嫌な方に適した治療法です。
セラミックなので変色することなく白さをキープすることが可能です。

ハイブリッドセラミックス

セラミックとプラスチックを配合したのがハイブリッドセラミックスです。自然な仕上がり、高い審美性があります。
天然歯と同様の硬さをもち天然歯を傷つけることもありません。

予防歯科

体は会社の健康診断などでチェックされる方はいますが、歯を定期的に検査される方は少ないと思います。

それは「歯科院は歯が痛くなってから行くもの」と思っている方が多いからではないでしょうか。

しかし、痛み・しみる・歯茎から血が出る・歯がぐらつくといった症状が現れた時にはかなり進行してしまっています。

また、治療すると歯や歯茎に負担がかかってしまうだけでなく、たとえ治療できたとしても、虫歯菌や歯周病菌で溶けてしまった歯や顎の骨は元には戻りません。
そのため、以前に比べ歯や顎の骨の強度が落ちてしまい、虫歯になりやすくなってしまいます。

そうならないためにも、患者さまご自身でデンタルケアを行うのはもちろん、定期検診を受けることで虫歯・歯周病のチェック、万が一見つかっても早期発見・早期治療にもつながり治療や費用を最小限に抑えることができます。

定期検診では、クリーニングで歯の表面に付着した虫歯や歯周病の原因となる歯垢や歯石の除去作業を行い、ブラッシング指導・フッ素塗布などをも行い、患者さまがいつまでも健康な歯を維持できるようにお手伝いをしております。

矯正歯科

乱れた歯並び(不正咬合)は、見た目の印象を悪くするだけではありません。不正咬合によって体にさまざまな影響を及ぼして
います。

音が悪い

歯並びが悪いことによって歯と歯の間に隙間ができると、そこから空気が漏れて発音に悪くなります。

痛・肩こり

歯並びが乱れ、かみ合わせが悪くなることで、顎の骨にずれが生じることで頭痛や肩こりの原因になっていることがあります。
長いこと原因不明の頭痛や肩こりに悩まされている人は、歯並びを矯正することで改善されるかもしれません。

矯正すると虫歯や歯周病のリスクを下げたり、頭痛や肩こりの改善につながったりします。

矯正装置は見た目が悪いイメージがありますが、現在はワイヤーが目立ちにくくなっている「プラスチックブラケット」や表側に見えない矯正「リンガルブラケット」といった見た目に考慮した矯正装置が出てきています。

児矯正

口呼吸をしている・指しゃぶりの癖がなかなかとれない・頬杖をつく癖があるといったお子さまは矯正治療を行う必要があるかもしれません。

歯並びの矯正は大人になってからも行うことができますが、顎の位置や大きさの調整は成長過程にある子供のときにしか行うことができません。

歯並びだけでなく顎の骨の調整を行えば、理想的な顎や歯並びにすることができます。

また小児矯正を行うことで、大人になって矯正を行うことになってた際に抜歯する可能性を少なくする可能性があります。

よく小児矯正は早めに矯正治療した方がいいと言われますが、お子さまの成長やかみ合わせによっても始めるタイミングは
異なります。

お子さまの行動や歯並びで疑問・不安・お悩みがございましたら、一度当院までご相談ください。

矯正の種類

イヤー矯正

ワイヤー矯正多くの方が「矯正治療」といって思いつく治療法ではないでしょうか。
歯の表面にブラケット・ワイヤーといった装置を着けて行う矯正治療法です。
ブラケットには、金属以外にセラミックやプラスチックなどのタイプがあり、ワイヤーをブラケットに通すことで歯に力をかけて矯正していきます。

目立たない矯正装置(クリアブラケット・セラミックブラケット)

ブラケットを白や透明色にすることで装置を目立ちにくくする矯正装置です。
ブラケットには樹脂製(プラスチック)やセラミック製などがあります。
多くの不正咬合に対応可能で金属不使用のブラケットは金属アレルギーの方でも治療が可能です。

ウスピース矯正

マウスピース矯正従来の矯正とは異なり、ワイヤー・ブラケットを使用せずマウスピースを
用いて歯列矯正を行います。
ワイヤーやブラケットのような不快感が少なく、薄くて透明なので周囲の人
からほとんど気付かれません。
また、自分で取り外すことが可能なので食事や歯磨きのときに外すことが
できるので、口腔内をより衛生的に保つことができます。

インビザライン

数多くあるマウスピース矯正治療法の1つで1998年にアメリカで開発されました。
2001年にはヨーロッパで導入が開始され、日本には2006年から導入され始めました。
現在、全世界で300万人以上の方がインビザラインでの治療を行いました。

ンビザラインの特長

正確な治療が行える

治療開始時に患者さまの歯型をCTで読み取り、専用のコンピュータでマウスピースを製作します。
CTによって歯の正確な情報を取得できるので、技工士が製作する通常のマウスピースよりも正確な矯正装置を製作することが
可能です。

型取りはたったの1回

従来のマウスピースは歯の動きによってマウスピースを作り変える必要があったので、その都度型取りを行わなければなりません。
インビザラインは、全世界100万件以上の臨床データに基づいて3Dシミュレーターにて事前に、どのように歯が動いていくか、最終的な歯並びはどうかといった確認を行ってから治療を始めるので、型取りは治療を始める前の一度だけです。
それによって患者さまの負担・来院回数も従来のマウスピースよりも少なく済みます。

さまざまな症例に対応

インビザラインによる治療の経験と知識が治療を行う医師には求められますが、従来のマウスピースでは難しいとされた症例でもインビザラインでは対応することが可能です。


従来のマウスピースよりも患者さまにかかる負担が少ないインビザラインですが、
治療に当たる医師にインビザラインを行う技術や知識が伴っていなければインビザラインが持つ良さを活かすことができません。

当院ではインビザライン治療に対応しております。
マウスピース矯正をお考えの方で他の医院から断られた方は、一度、ご相談ください。

ページの上へスクロールする
Copyright © 2015 福家歯科 All rights Reserved.