入れ歯

入れ歯一歯を失うと物を咀嚼したり、うまく話したりすることができなくなって
しまいます。

失った歯を補うためにあるのが入れ歯です。
入れ歯には「部分入れ歯」と「総入れ歯」があり、その中で「保険適用」と「自費診療」に分かれます。

1.部分入れ歯

欠損した歯が1本だけ、もしくは1本だけしか残っていなくても対応することができます。

安定性がなく食べ物が詰まりやすいという点があるものの、抜歯した両隣の歯を削る量が多いブリッジに対し、
部分入れ歯は削る量が少量で済みます。

残った歯をあまり削りたくない場合や、ブリッジでは対応できないケースの場合に部分入れ歯を使用します。

2.総入れ歯

歯が1本も残っていない場合、総入れ歯が使用されます。

保険適用の場合

義歯床がプラスチックになります。
義歯床がプラスチックの入れ歯は、変色しやすいだけでなく、分厚いので安定感がなく違和感がありますが、費用が安く
修理がしやすいというメリットがあります。

自費診療の場合

属床義歯

強度がある金属で床ができているので床を薄くすることができ、食事をする際も食べ物の温度を感じやすく、話しやすい
といったメリットがあります。

リコン義歯

義歯床の一部がシリコンでできた総入れ歯です。
汚れがつきやすく値段がはりますが、「入れ歯が当たって痛い」ということも少なく、よく噛んで物を食べられるように
なります。

ンプラント義歯

顎の骨にインプラントを打ち込み、入れ歯を支える土台にする方法です。
安定性がありかむ力が他の入れ歯に比べ大きく向上します。

自費診療の入れ歯は、素材やメリット・デメリット・費用が異なります。
医師と相談の上、自分に合った入れ歯を選び、食生活や会話を楽しみましょう。

入れ歯は使用していると合わなくなってくることがあります。
定期的に検診を受け歯科院でチェックするようにしましょう。

インプラント

インプラント歯が抜けたまま放置しているとかみ合わせが悪くなるなど、さまざまな症状が現れてきます。
その上、歯がない所には歯垢がたまりやすくなり周囲の歯にダメージを与えてしまうことが
あります。

インプラント治療は欠損歯の部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋入し、
その上に人工歯をかぶせるという治療法です。

「第三の歯」と呼ばれるほど天然歯と同様の見た目とかむ力を取り戻すことが可能となる
インプラント治療。
保険適用外、患者さまのお口の中の状態や骨の状態によっては治療が行えない場合がある
といったデメリットもありますが、
入れ歯とは異なりかむ力が顎の骨に伝わるので、顎の骨が痩せることはありません。

治療の流れ

1.カウンセリング

患者さまの症状などをお伺いします。安心してインプラント治療を受けていただくために、スタッフが治療の内容や治療にかかる費用・治療期間についてご説明いたします。

2.検診

患者さまのお口の中を検査します。

3.一次手術

インプラントを顎の骨に埋入する手術を行います。手術は麻酔をかけて行いますので、痛みに不安な方もご安心ください。
手術後は数カ月の治癒期間をおき、インプラントと顎の骨が結合するのを待ちます。治癒期間では仮歯を使用することも
可能です。

4.二次手術

結合したのを確認できましたらアバットメントと呼ばれる人工歯の土台をインプラントに取り付けます。

5.人工歯を取り付ける

型取りをして作製した人工歯を取り付け手術は完了です。

インプラント治療は手術をして終わりではありません。
インプラントを長く使うためには定期的に来院していただき治療後の経過・お口の中のチェックを行うようにしましょう。

親知らず

口の中の一番奥に最後に生えてくる「親知らず」

きれいに生えてくれば問題ありませんが、生えるスペースがなく骨の中に埋まっていたりすべて生え切らない場合もあります。

親知らずが生えてきたら絶対に抜かなくてはいけないということはありませんが、生えるスペースがないと横に生えてきてしまい隣の歯を圧迫するだけでなく、歯並びを悪くする原因ともなってしまいます。

親知らずが生えてきたら、まずはご相談ください。お口の中・親知らずの生え方から抜歯の必要があるか判断いたします。

ページの上へスクロールする
Copyright © 2015 福家歯科 All rights Reserved.