虫歯

虫歯一般的に「歯医者」いったら虫歯治療を連想されるのではないでしょうか。

虫歯の原因となる虫歯菌は、磨き残しなどで歯に付着した食べかすに含まれる「糖」を栄養分とし、酸を作り出します。
作られた酸は、少しずつ歯を溶かし内側に進行していきます。

虫歯になりやすい人の特徴として、「あまり歯磨きをしない」「甘い物が
大好きで多く摂取している」「歯並び・かみ合わせが悪い」といった人が
虫歯になりやすいとされています。

虫歯は初期症状がありません。「痛い」「冷たい(熱い)ものが歯にしみる」といった症状が現れたときには、ある程度虫歯が
進行しています。正しい歯磨きを行う・定期検診を受けることで虫歯を予防し、もし上記のような症状が現れたら早めに治療を
受けるようにしましょう。

早めに治療することで痛みや治療も最小限に抑えることが可能です。

虫歯の進行・治療

虫歯の治療・進行

1.初期の虫歯

歯の表面が溶け始めた段階です。虫歯の部分が白く濁って見えます。

この段階では痛みはありません。削る必要はなく、正しい歯磨きとフッ素塗布で治療することができます。

2.エナメル質の虫歯

この段階でもまだ痛みはありません。歯の表面のエナメル質が溶けて黒くなってきています。
虫歯部分を削り詰め物で治療します。

3.象牙質の虫歯

エナメル質の次の層である象牙質まで虫歯が進行しています。
この段階で冷たいものや熱いものを食べるとしみるようになります。
虫歯の箇所を削り詰め物で治療を行います。

4.神経の虫歯

虫歯が神経まで達し、常に激しい痛みがあります。根管治療とかぶせもので治療します。

根管治療とは

神経まで達した虫歯になると、できるだけ歯を残すための治療になります。

虫歯で傷んでしまった神経を取り除き、虫歯菌が健康な歯へ広がることを防ぎます。
神経が入っていた根管を洗浄し根の先まで薬を注入します。
芯を立ててその上に被せ物を取り付けます。

患者さま・治療する部位によって根管の形が変わり複雑なので、治療には時間を要します。
充分に治療を行っていないと再発のおそれがありますので、丁寧に治療をする必要があります。

5.歯根の虫歯

歯根に膿がたまり激しい痛みを伴います。歯はほとんど残っておらず歯根だけが残っている状態です。
抜歯による治療が多く、抜歯後はインプラントや入れ歯で歯を補います。

歯周病

歯周病歯の根本に付着したプラークの中に存在する歯周病菌が、
バイオフィルムと呼ばれる強固な膜でくっつきその中で増殖するだけでなく
毒素を出し、「歯肉」や歯肉と歯の表面をつなぐ「歯根膜」歯茎の中の歯を
支える骨「歯槽骨」の組織を破壊していきます。

予備軍も含めると8割の日本人がかかっているとされる歯周病は、痛みもなく静かに歯周病が進行し、ある日「歯茎から血が出る」「歯がぐらつく」

といった症状が現れます。
これらの症状が現れたら、ある程度歯周病が進行している証拠ですので、
早めにご相談ください。

痛みがないからとそのまま放置していると、歯が抜けてしまいます。

歯周病は歯だけの病気ではなく、近年では全身疾患にとも関係していると数多く報告されています。

歯周病は、毎日正しい歯磨きを行っていれば防ぐことが可能な病気です。
正しい歯磨きができていないと、いくら治療を行っても再発してしまう病気です。
少しでも歯や歯茎に違和感がありましたら、ご相談ください。お口の中の状況を確認し正しいケアの仕方や治療方法を
ご提案いたします。

歯周病の進行

歯周病

1.健康な歯肉

問題がない歯茎は、淡いピンク色をしており引き締まっています。

2.歯周炎

歯茎が炎症している状態です。歯茎が赤みを帯び出血することがあります。

3.軽度歯周炎

歯茎が赤くなり腫れが見て分かるようになり、歯と歯茎の間に歯周ポケットが形成されます。
歯周ポケットの奥深くにプラークと歯石が付着するようになります。
この段階で歯槽骨が失われ始めます。

4.重度歯周炎

歯槽骨の大半が失われ歯茎が後退することで歯が長くなったように見えます。
歯槽骨の大半が失われているので歯がぐらつき、食べ物がかみづらくなります。
膿が出ることで口臭がきつくなります。

歯周病の治療法

歯周病の進行度に合わせて治療を行います。

ケーリング

歯の表面に付着しているプラークや歯石をスケーラーで除去します。
徹底的にクリーニングを行うことで歯周病の進行を防ぎます。

ープトレーニング

スケーリング後に歯周ポケットの奥深くに付着したプラークや歯石を除去します。
歯の表面を滑らかにすることでプラークが再付着するのを防ぎます。

周外科処置

歯周病が進行し、スケーリングやループトレーニングで除去できないプラークや歯石は、
麻酔をかけて歯茎を切開し歯根に付着した歯石やプラーク、感染している歯周組織を除去します。

小児歯科

小児歯科永久歯に比べ乳歯は虫歯になりやすい歯です。
「乳歯が虫歯で失っても永久歯がある」と思われがちですが、乳歯は永久歯が正しい位置に
生えてくるための重要な役割を担っています。
また乳歯を虫歯などで抜歯した場合、抜歯した両隣の歯が隙間を埋めようと寄ってきてしまい、永久歯が生えるスペースが狭くなるなどして歯並びやかみ合わせの乱れの原因となって
しまいます。

生えたての永久歯は乳歯と同様に弱いので、口の中に虫歯菌があるとすぐに感染してしまいます。

このように乳歯の虫歯は、永久歯にも大きな影響を与えるので予防・早期発見・早期治療がとても大切です。

歯予防のためにシーラントを行いましょう

虫歯になりやすい乳歯。
特に奥歯には細かい溝がありプラークや食べかすが溜まりやすいので虫歯になる危険性があります。

奥歯は歯ブラシが届きにくいので、ご自宅ではケアが充分に行えない場合がありますので、ブラッシングと合わせて
歯科院での定期検診も受診するようにしましょう。

当院では溝をフッ素を含んだ樹脂で塞ぐ「シーラント」で虫歯予防を行っています。

この治療法は乳歯だけでなく、生えたての永久歯にも有効です。
かみ合わせの変化などに対応させるために、定期的にシーラントを行うようにしましょう。

ページの上へスクロールする
Copyright © 2015 福家歯科 All rights Reserved.